2018年3月4日日曜日

Illustrator と Silhouette CAMEO 3 を使ったシール作りの手順


あんまり手順って紹介されていない気がするので、私の使い方を紹介します。

Silhouette CAMEO には付属で Silhouette Studio というソフトがついていますが、あんまり得意じゃないです。

仕事では Illustrator をよく使っているので、Illustrator でデザインと印刷を、Silhouette Studio は最後のカットのみ、というやり方をよくやっています。

できれば Illustrator のみで完結したいですが、Silhouette Studio 経由でないと自動トンボ読み取り機能が使えません。

肝は Illustrator のカットデータを Silhouette Studio にどうやって正確に移動するのかってとこでしょうか。

環境は、Illustrator CC 2017、Silhouette Studio 4.1 です。
Silhouette Studio 3 をお使いの方は、配置が結構違うので戸惑うと思いますが、項目名は基本同じなので大丈夫だと思います。

テンプレートファイル

使用しているIllustrator用のテンプレートを置いておくので、よければ使ってください。
A4横用紙に端から10mmの位置に5mmのトンボを配置しています。
家庭用プリンターでの印刷を想定していますのでRGBです。
レイヤー構成の説明
  • _カット範囲:カットできる範囲のガイド。
  • _トンボ認識範囲:トンボ認識範囲のガイド。
  • 書出用 カットライン:ここにカットする線をレイアウトします。
  • 書出用 用紙サイズ:Silhouette Studio でインポートする際、基準にする為の用紙サイズの線。
  • 印刷用 レイアウト:ここに印刷するデザインをレイアウトします。
  • 印刷用 トンボ:レイアウトと一緒に印刷するトンボ。

以下手順です。

2018年2月7日水曜日

Canon Satera LBP9100C の ITBユニット清掃方法(ちょっとだけ分解)

Canon Satera LBP9100C を使ってます。
でも、良くスジが出るので、定期的に清掃をしてます。
ITBユニットのカバーが外せたので、掃除機で吸ったらスッキリしました。
清掃は自己責任でお願いします。
特にベルトには触れないようにしてください。
掃除機でトナーを吸う時、吸う力で触れそうになるので特に注意!